【脊髄小脳変性症と闘う】が本になりました。


脊髄小脳変性症を患ってから 動かしにくくなる指で ワープロにゆっくりと打ち込んできた 原稿をまとめた当ブログ 
その長らく 皆様に見ていただきました 【脊髄小脳変性症と闘う】が本になりました。

少しでも 同じ病気の人の目に触れることが出来ればという 本人の熱い希望が ブイツーソリュージョン様のお力をお借りして 実現することができました。

アマゾンにて

お陰さまで完売致しました

脊髄小脳変性症と闘う [単行本]
一の瀬 まゆみ (著)

価格: ¥ 840 通常配送無料

楽天ではまだ購入することができます

【送料無料】脊髄小脳変性症と闘う

**1リットルの涙関連商品**
     

出版までの道までの道①

脊髄小脳変性症と闘うの著者 一の瀬まゆみ の娘である私が

本人が、本出版のための原稿を書き綴っていることを知ったのは
7年以上前のことだと思う。

はじめは、コスタリカの思い出を、バラバラに原稿用紙に綴っていた。
当時 東芝のワープロを使っていた。

壊れたワープロが欲しいというので買いに行ったら
いよいよ ワープロは終焉の時を迎え ついに
本人のためのノートパソコン FMVを購入した。


脊髄小脳変性症だけでなく、年齢もあり不器用でもある母が
パソコンを使いこなせるとはとても思わなかったが、


気がついたら、教えたとおりに原稿は <私の履歴>というフォルダーに
少したまっていた。


とはいえ、せっかく書いた原稿をプリントアウトしては、×して保存していないのが大半!

もったいない~!!


でも 本人は、原稿を大切にしておけば、出版社に持っていけば出版できると思っていたようだ。


いつもきちんと順番通りに整理していた。


そして ある日1cmほどに貯まった コピー用紙に綴られた原稿を見せ、


「私が 死んだら本にして」


と ニコニコしながら言った。


一枚目には タイトル


脊髄小脳と闘う 


著者 一の瀬まゆみ



と書かれていた。

「一の瀬まゆみって誰??」

「・・・わ ・ た ・ し・・!」


嬉しそうにペンネームを 教えてくれた。

「死ぬ前日本にしてあげるよ」

そう言った日から、私の自費出版サポート活動が始まった。

0 件のコメント:

コメントを投稿