【脊髄小脳変性症と闘う】が本になりました。


脊髄小脳変性症を患ってから 動かしにくくなる指で ワープロにゆっくりと打ち込んできた 原稿をまとめた当ブログ 
その長らく 皆様に見ていただきました 【脊髄小脳変性症と闘う】が本になりました。

少しでも 同じ病気の人の目に触れることが出来ればという 本人の熱い希望が ブイツーソリュージョン様のお力をお借りして 実現することができました。

アマゾンにて

お陰さまで完売致しました

脊髄小脳変性症と闘う [単行本]
一の瀬 まゆみ (著)

価格: ¥ 840 通常配送無料

楽天ではまだ購入することができます

【送料無料】脊髄小脳変性症と闘う

**1リットルの涙関連商品**
     

出版の費用

本の値段は、想像以上に細かく設定されていました。
ソフトカバーやハードカバーはもちろん紙質からレイアウトを
依頼するか自力でするか、カバーデザインを自分でするか
依頼するか、既製のものを使うか、で大きく変わってきます。


一番初めに見積もっていただいたのは下記のとおり。
-------------------------------------------------
流通タイプ:アマゾンで販売
書籍体裁:ソフトカバー
本文のカラー:一部のページのみカラー
本の大きさ:四六判
ページ数:150ページ
うちカラー:4ページ
印刷部数 50部
流通:30部/客様:20部
カバー・帯:カバー有・帯付
装丁デザイン:デザイナーが制作
オプション:本文レイアウトを依頼
校正刷り2回

本体表紙:アートポスト220kg 一色刷り
本文:OKブライト(ラフ)90kg 墨一色刷り
OKブライト(ラフ)90kg フルカラー
見返し: 色上質紙 特厚口 その他
カバー・帯:コート紙135kg フルカラー PP加工(光沢ありと光沢なしが選べます)
・上記仕様での本の厚さ(背幅)は約11mmになります。

<詳細料金>
販売手数料:\30,000
書籍本体:\219,000
カバー:\26,150
装丁デザイン料:\30,000
本文レイアウト:\15,000
校正刷り:\9,280
簡易編集:\45,000

---------------------------------------------------------------------

少し 高いなと感じました。
イメージの予算は30万程度。
そこで、まず見た目から検討。

装丁デザイン料:\30,000は 少し高いので、既製のデザインに
自分の好みの写真を加えることで、オリジナリティを出そうと考えました。

既製の写真嵌めこみタイピに 良いものがなかったので
相談しますと

>ゼロから作成する場合や、凝ったデザインとなりますと「
デザイナーが作成」料金となりますが
例えば、客様で「だいたいこんな感じで…」というように
まかなレイアウトなどをワード等で作成していただいて送りいただければ
客様が作成」ということで費用はかりません。

既製型を利用するということで考えますと、装丁309の●の部分に画像を
ぼかすなどして加工し、はめてみるというのはいかがでしょう?


という丁寧な御返事をいただき、即返事。

おかげで 装丁デザイン料:\30,000を削ることが出来た上、オリジナルな雰囲気を出すことができました。
また 


校正刷り 2回:\9,280を 一回にし
紙質を多少落とし、カラーページを減らしました。

そしてでた見積がこちら

-------------------------------------------------------


<詳細料金>
販売手数料:\30,000
書籍本体:\189,500
カバー:\26,150
本文レイアウト:\15,000
校正刷り:\4,280
簡易編集:\45,000
消費税:\15,496
--------------------------
小計:\325,426
一括先払い割引:▲\5,000
--------------------------
ご請求金額:\320,426

-------------------------------------------------------------------




なんとか、自分の意志に近い見積額になってきました。






こちらの お手軽出版ドットコム様の ここがとても助かったっ分、
書いておきますね。



よそも当然そうなのだとは思いますが


★修正箇所は そのたびに全文pdfファイルにて 送ってくれる
1文字でも違うと必ず確認メールが入る。

★著作権に引っかかりそうな箇所の指摘、こちらが気がつかない部分の修正
アドバイスなど、全てやってくださるので
簡易編集45000円は少々高いですが、必ず入れたほうが良いと思います。






入金を一括にすることで 5000円引きにし
いよいよ いよいよ印刷作業に入ります










なんと、中古品が 6000円に!どういうこと??




結局どの出版社を選んだのか

しばらく当ブログを放置しているうちに

脊髄小脳変性症と闘う




およそ アマゾン分30部 完売したようで 中古品を残すのみとなっていました。
ありがとうございました。拙い文章 思うままに綴った文章を 読んでくださった方には
ほんとうに感謝でいっぱいです。どれほど本人の心の生きがいになったかと思うとうれしくて
仕方がありません。


さて、
書店流通を諦め ネット流通(アマゾン)のみを考えて 出版社を探すことにしました。

結論から言うと ブイツーソリューション母体の お手軽出版ドットコム というところに決めました。
選ぶ基準は 下記。
★料金 流通に関する情報が詳しく書かれている
★本社に電話をしてみる⇒感じが良い、上の人が出てくる、しっかりと質問に応えてくれる
★資料を送ってくるのが早い
★押し付けてこない

必ず電話をして声を聞くようにしました。

基本的に大手の出版社でない場合が多いので、
電話口にトップの方が出てくることが多いです。

結果 安心感があり、なおかつ 低料金でメールの返信なども早いことから
お手軽出版ドットコムに
決めました。そして、その選択は間違いではありませんでした。